バルクオム

【バルクオム】アンバサダーの窪塚洋介ってどんな人?活動や作品を紹介

お知らせ:2019年10月を持ちまして窪塚洋介さんがアンバサダーから降りる事となりました。窪塚さんの新たな挑戦に期待しましょう。

2018年5月21日からバルクオムのブランドアンバサダーに窪塚洋介さんが選ばれました。

まずアンバサダーってなんや?ってなるところですが、窪塚洋介さんが選ばれた理由も気になりますよね。

寧ろ20代前半だとそもそも誰か知らないって方もいるのではないでしょうか?

そんな方のために窪塚洋介さんの活動やお勧めの映画・ドラマ作品を紹介しましょう!

まずアンバサダーって何?

まず自分自身アンバサダーって意味が全然分からなかったので調べてみました。

アンバサダー(Ambassador)って英語で大使と言う意味の様です。と言うことは窪塚さんはこれからバルクオムを広く知ってもらうために活動していくという表れなんですね。

バルクオムブランドアンバサダーに起用された理由は?

FAME=Fashion、Art、Music、Entertainment。

窪塚さんはインスタもやっているのですが、その中を覗くだけでもこの4つの要素が垣間見れます。

インスタでは日々の服装をアップしており、そのどれもがスタイリッシュでかっこよくファンからの反響も絶大です。更に、その上げる写真の構図もセンスの良さが出ていて自分を知ってる撮り方だなって感じます。

また俳優だけでなく”卍LINE”というグループで音楽活動もしており、耳で楽しませることも知っています。

毎度投稿されるごとに世間の反応が多く、様々な視点で人の五感を楽しませる魅力が窪塚さんにはあるようですね。

また、20代後半から30代前半の世代にとっては時のヒーローとなった方なのでよりバルクオムも親しまれやすくなるのではないでしょうか。勿論私も大好きでした!

窪塚洋介の見ておきたい作品

過去には数々のドラマや映画に出演しており、どの役をやってもハマリ役でかっこよすぎました。

その中でも特に見やすく面白い作品を紹介します。

GTO

1998年に放送された初代GTOのドラマで、天才生徒の菊池役で出演していました。

主演ではないのですが見事なクールインテリを演じ、この頃から役者センスをひからせていました。

主役の反町隆史や小栗旬も出演しており、なかなかの豪華メンバーです。

池袋ウェストゲートパーク

TOKIOの長瀬智也が主演をし、当時問題になっていた池袋のカラーギャングを題材にしたドラマです。

カラーギャングの頭”KING”を窪塚が演じ、金髪で頭のネジが外れたお調子キレものキャラを見事に演じていました。

この時の窪塚さんに魅了された若者は数知れずといったところではないでしょうか?

監督は堤幸彦なので作品自体もかなり面白くて何回も見返しました。

GO

窪塚を知りたいならこれを見ろって言いたくらいカッコいい姿を見られます。

この作品で第25回日本アカデミー賞にて、新人賞と史上最年少で最優秀主演男優賞を受賞し窪塚の知名度が一気に広がりました。

ツイストパーマめっちゃ憧れたなあ。

ピンポン

高校卓球部の青春を描いた作品。

窪塚がまさかのマッシュルームヘアになります。それでもなぜかかっこいいです。

「I can fly」の名セリフでもお馴染み、試合のシーンは卓球と侮っていると迫力満点でびっくりします。

海外デビュー作「沈黙-サイレンス-」

2016年にはなんと海外デビューも果たしました。

7変化する役に世界もついに目をつけた様ですね。

隠れキリシタンの歴史を辿る一作です。キーパーソンとなるキチジローをどの様に演じるのか是非見てみてください!

次回作も海外で!

インスタなどのメディアを通じて新たな一歩を報告していました。

2018年7月のことなので作品が見られるのは来年以降になりますかね。

”沈黙”でしっかりと世界に実力を見せた窪塚洋介に今後もめっちゃ期待しています。

 

BULK HOMME

ブランドアンバサダーに抜擢されハリウッドでも活躍中の俳優・アーティスト”窪塚洋介さん“も愛用しているBULK HOMMEのBASICコース、通常価格が6100円のところ破格の500円で使い始められます。他にも多数の俳優や、女性タレントも愛用しているメンズコスメなので安心感があります。公式ページで購入すればBASICコースが91%OFFです!(合わなければ全額返金保証)公式ページ